その他産業用機器・設備空力機械

あらゆる産業の工場から、上下水処理などの公共施設まで、送風・圧縮・駆動源など多岐に渡る空力用途に、各種コンプレッサやブロワをご利用いただいています。省エネ化や低音化など、多年の技術蓄積に高い評価をいただいています。

メーカー

  • 川崎重工業株式会社
  • 川重商事株式会社

お問い合わせ窓口

グローバル営業本部 営業一部

TEL:03-6744-1010

西日本本部 産業機械部一課

TEL:06-6360-3154

(ケーザーコンプレッサ)
中部本部 名古屋営業所二課

TEL:052-586-7271

FAP(オイルフリーコンプレッサ)

揺動式と呼ばれる独特な圧縮機構を持つ完全オイルフリーコンプレッサで、各種プラントで幅広い用途にお使いいただいております。本製品は当社が製造を行っており、保守部品も当社において保管していることから、迅速なメンテナンス対応が可能です。

FAP(オイルフリーコンプレッサ)

1.振動機構の概略

2.揺動式コンプレッサの特徴

1) 低圧領域での効率が良い

設計圧力による風量の変化(37KW)

上記のグラフの示す通り、吸入弁、吐出弁を有する揺動式コンプレッサは、圧力7kg設計時はスクリュー式コンプレッサと同等の能力ですが、設計圧力が低いほど効率の良さが際立ってきます。よって、圧力が7kg近辺で使用される計装用空気源から、2kg付近の圧力で使用される粉体輸送用空気源まで、幅広く利用されており、全国で3,000台以上の実績を誇ります。

各出力別能力表
設計圧力
電動機出力   7kg/cm2 6kg/cm2 5kg/cm2 4kg/cm2 3kg/cm2 2kg/cm2
11KW 1.3 1.5 1.7 2 2.2 2.8
15KW 1.9 2.1 2.4 2.8 3.2 4.1
18.5KW 2.4 2.6 2.8 3.4 4 5.1
22KW 2.9 3 3.6 4 4.8 6.3
30KW 4.1 4.2 4.8 5.9 6.9 8.7
37KW 5 5.4 6.1 7.2 8.6 9.7
45KW 6.1 6.4 7.1 8.5 9.9 12.9
55KW 7 7.3 8.6 10.2 12 15.4
65KW 8.4 9.4 10.5 12.1 14.4 18.3
75KW 10.1 10.6 11.9 14.4 17.1  

単位:m3/min(吸込状態換算)

2) 完全オイルフリーを実現

圧縮室内は自己潤滑性のあるカーボンをシール材とし、オイルを使う駆動部とを分離し、圧縮室と駆動部の間を大気開放しているため、いかなる事故、故障時も空気中に油分が混じる事はありません。

3) 日常管理の簡易化

揺動式コンプレッサは運転管理が極めて簡単。管理項目が、(1)油圧 (2)冷却水 (3)電流 の3項目のみで、能力の安定性は抜群。また、水冷式のため、気温の高い夏場に温度高にて運転不能になることはありません。

4) メンテナンスは現地で

メーカー持帰整備の必要性が無く、容易にメンテナンスを行えます。

GMブロワ

従来のブロワに比べ、5%以上も効率が高く、各種空力製品を手がけた川崎重工業が自信を持っておすすめするブロワです。

GMブロワ

GM蒸気圧縮機

川崎重工業独自の「斜流型羽根車」をもつ、高圧縮で、大流量の蒸気圧縮機です。

GM蒸気圧縮機

ケーザー・コンプレッサ

ケーザー・コンプレッサ株式会社は、ドイツに本社がある圧縮空気システムで世界をリードするメーカーです。ユーザーが必要とする圧縮空気を安定的かつ最も費用を抑えた形で提供することに長けております。

ケーザー・コンプレッサ
お問い合わせ窓口
中部本部 名古屋営業所二課
TEL:052-586-7271

CONTACT

製品に関するお問い合わせはこちらから